箱根神社 万巻上人坐像

画像

木造・彩色・90cm・・・・一木造・榧材
画像

画像

画像

画像

 箱根神社は、元箱根石仏群の先にあり
現在も鬱蒼と木々がしげり、趣のある神社です。
関東最古の肖像彫刻とも言われている、このお像は
現在 宝物館に安置されています。

 存在感、尊厳を感じさせる体格。
すぐに目がいってしまいます。
上人の没後(弘仁7年:816)間もないということですが、
この険しい表情は、いったい何を見ていらしたのでしょうか。
問いかけようとしても、思わず
言葉を飲み込んでしまうような雰囲気。
 写真を撮影させていただいた時、おそらく
平安初期の特徴である「飜波式衣文」を
とらえようとしたのだと思うのですが・・・

 万巻上人は、奈良末期に全国各地を回る民間僧であったと
推定されているそうです。天平宝字元年(757)箱根山中を訪れ、
丈六の薬師如来を根本中堂に祀ったといわれています。
 箱根神社は平安中期以降の交通経路、また鎌倉幕府の保護、
室町期の大森氏からの別当など、天正18年(1590)秀吉の
来攻で焼き討ちにあうまで、権勢をほこったそうです。

 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック